« 大黒柱の話 | トップページ | 謹賀新年 »

表情で開運

セレブな賞品大放出!【セレブな懸賞】新規会員大募集!

人間感情の生き物である。

だから、感情抜きにはなかなか話せないもので・・・

先日、耳鼻科へ行きました。

待っていると、子供二人を連れた若いお母さんが入ってきました。

ドアを開けて入ってくるやいなや、きつい口調で

あ危ない!閉まる!

と、母親がドアを開けて自分だけ入ってくる、勿論子供は後から追いかけてくる。

どうして、ドアを開けて入るまで待ってやれないのだろう・・・

子供は手間のかかるもの。さっさとなんて出来る子は少ない。

“お母さん、あんたが一番危ないわ!”

思わず言いそうになった。

セレブなマダム風の30代である。

最近の風潮として、“人に合わす”ことの心の余裕が

誰しもなくなっているように思う。

やはり、このお母さんは間違っていると思う。

“危ないから先に入りなさい、さあ閉めるよ~” である。

ちょっとの思いやりが・・・なんで、自分中心なのか?

こういうお母さんは、発想がいつも攻撃的である。

当然ながら、綺麗に身づくろいされていますが、

笑顔のない冷たい表情のお顔をされていました。

犬や猫にも感情はあります。

でも表情はありませんよね。

目で、そして体全体で表します。かわいいですよね~

皆さん、

平静な自分って?どんな顔しているか想像できますか?

・・・喜怒哀楽の中で一番良く使っている感情。

何年も何年も・・・それがしわになって残っていくのです。

“顔は口ほどに物を言う”ようになるのです。

つまり平常から人の良いところ、喜ぶところを心がけていれば、

おのずと笑顔じわがついてきます。

良い顔相になるのも貴方次第ということです。

顔相とは誰にでも出来る一番の開運対策です。

だって、ニコニコしている人を怒る人はいませんしね。

逆にこわばった顔の人に話しかける気しませんよ。

人を喜ばせられる、それだけで徳を積んでいるのですよ。

若い女性だけでなく、

子育て中のお母さんにぜひ、心がけて頂きたいものです。

のだめカンタービレ (4) のだめカンタービレ (4)  

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分の小さな「箱」から脱出する方法 自分の小さな「箱」から脱出する方法

著者:アービンジャー インスティチュート
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 大黒柱の話 | トップページ | 謹賀新年 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表情で開運:

« 大黒柱の話 | トップページ | 謹賀新年 »